苅部初水

東京本社はグローバルビジネスの司令塔
各国のお客様や生産拠点とやり取りし、
ビジネスをコントロール

仕事は国際営業で、私が担当しているエリアはブラジルです。
現地の代理店を介して、顧客であるメーカーから引き合いがあると、価格出しや支払い条件などを確認。生産期間や品質については、マレーシアにある工場とやり取りして進めます。

以前は、車載ディスプレイセット製品の営業を担当していました。車載製品の仕事は、生産まで1~2年近く時間をかけて進めていきます。
でも、現在担当している製品はとてもスピードが早い!初めのころは、そのスピードについて行くのがたいへんでした。最近、ようやく慣れてきたところです。

お客様も工場も海外で、日々いろいろな国の人とやり取りをしています。
それぞれの土地柄や文化に触れることができ、とても興味深く感じています。東京に居ながらにして、外国の異文化を知ることができるのは、この仕事の魅力でもあります。

優れた日本製品をもっと世界へ
快適さを生み出すアルプスアルパインの
技術を知ってほしい

学生時代に、留学経験があります。その時、日本のものは海外で、とても信頼性が高いことを知りました。国内で生活していると当たり前のことなのですが、外国へ行くと違う。海外の人は、日本産のものが一番だと言ってくれるのです。そのことに、とても感激しました。
「日本の製品を広めたい。日本の技術を売り込む仕事がしたい」そう思いました。

アルプスアルパインへの入社を決めたのも、世界に誇る高い技術力があることと、グローバルなビジネスネットワークを築いている企業だったからです。
世界の顧客とビジネスを行う営業は、希望の仕事です。

当社はメーカーなので、製品をつくった技術者にじかに話を聞ける機会があります。どこが特徴なのか、アピールポイントなどを聞くこともできる。日本のものづくりのコア部分に関わることができるのは、メーカーならではのメリットです。

やりたいことは、まず「好きなこと」から
クルマ好きな人はイチオシの会社です

私はやりたいことがはっきりしていたので、軸があったから就職活動中も迷いはありませんでした。
もし、「やりたいことが分からない」と思っている人がいるなら、まず自分の好きなことから探してみてはどうでしょうか。そこを入り口に考えていけば、何か興味の持てる仕事や業態があると思います。

今の業務で実績を積んだ先は、海外駐在にチャレンジしたいと考えています。クルマが好きなので、車載製品の仕事で欧州か北米で仕事ができればと思います。
「自分もクルマが好き」と思った方がいたら、就職先としてアルプスアルパインはどうでしょうか。やりたいことは、「好き」からがスタートです。ぜひ一緒に仕事しましょう。