教育研修制度

教育研修制度

教育研修制度 詳細

教わること、自ら学ぶこと。新しい能力を身に付けていくには、どちらも欠かせないことです。
アルプスアルパインでは研修を能力開発のひとつのキッカケとし、社員それぞれがステップアップしていくことを支援しています。

新入社員研修(全社)

社会人として、アルプスアルパインの社員として歩き始めるために、基本となる事柄を学びます。目的に沿った研修を3年間かけて実施。すべての研修が終了し、入社後3年を経ると晴れて「新入」の文字が取れ、「社員」となります。

基礎研修

入社後すぐに新入社員全員が集められ、合宿形式の研修が行われます。社会人として、アルプスアルパインの一員として必要な知識などを学びます。

製造実習

メーカーであるアルプスアルパインにとって、「ものづくり」は仕事をする上でもっとも基本的なことです。その「ものづくり」を実際に現場で学び、体験するのが製造実習です。

社会人教育(製造実習終了後)

配属前に、業務を行うための教育を実施します。

振り返り研修(入社1年後)

仕事を始めて1年。いろいろ迷いや悩みも出始める時期です。そんな時期に同期の仲間たちと集まり、悩みや課題を共有します。その後、入社時の初心を振り返りながら、これからの自分の目標を改めて見定めます。

ステップアップ研修(入社2年半)

入社して3年目ともなれば、職場の「若手社員」。仕事ぶりに対して、職場でも期待が高まってくる時期です。
個人としての能力、組織の中での役割など企業人としてのあり方を考えます。
2年半あまりの経験と実績で、自分は何ができて何ができないのか。強み・弱みを把握すると同時に、能力の棚卸をします。そのうえで、これからの1年でどんな能力を身に付けるべきか、3年後はどうあるべきかといった目標を設定し、目標達成のための行動計画を立案します。

その他新入社員教育(職場ごと)

配属された事業所でもそれぞれ特色のある新人教育を行っています。

配属後の研修例

<マン・ツー・マン教育>
●新人1人に先輩1人が1年間担当となって教育します。
<技術者研修>
●初級/中級/上級の対象レベル別に、事業所毎に随時実施されます。
<語学研修>
●主に英会話の講師を職場に招いて、希望者を対象にレッスンが実施されます。

資格・職能(職業能力)研修

人財育成に重きを置くアルプスアルパインでは、必要に応じて、様々な研修が用意されています。 その一部をご紹介します。

ヒューマンスキル研修

<課題別研修>
●CSR教育、各種知識教育、国際化教育 など
<階層別研修>
●部長前研修、課長前研修、中堅社員研修、若手社員研修 など

社内トレーナー研修

職場で行われる様々な研修のトレーナーを養成する研修です。

機能別(職種別)研修

<技術部門研修>
●要素技術基礎教育、機械系教育、電気系教育、ソフト系教育、品質技術教育、管理技術教育 など
<スタッフ部門研修>
●法務・知財専門教育、資材・購買専門教育、経理・財務専門教育 など
<営業部門>
●営業研修、販売業務実習、製品知識・物流知識、マーケティング手法 など

その他研修

<海外赴任前研修>
●CSR研修、異文化コミュニケーション研修、赴任前出張、必要な実習 など